会社設立と提出書類

会社設立の準備1

会社の設立する前に、いろいろ準備が必要です。何が必要なのかを考えてみましょう。

必要な準備

基本的に、会社を設立する際、設立の手続きをする前に行うべき事があります。基本的には、以下の6つです。

  1. 会社名(商号)の決定
  2. 事業内容の決定
  3. 資本金の設定
  4. 役員の決定
  5. (許可認可の手続き)
  6. 書類の用意

5番目のものはやらなくてもいい場合と必要な場合がありますので、今回はカッコで括っています。では、1つずつ紹介していきます。

1 会社名(商号)の決定
会社名とは、その会社の顔でもあります。あなたも「AsahiKASEI」や「HITACHI」など、有名な会社ではその名前を出しただけで、「あぁ、あの会社か」と分かります。こだわり過ぎて、意味の分からない会社名も困りますが、こだわりが全く無い会社名もどうかと思います。多分、有名な会社になったとき、その名前に後悔すると思いますよ。会社名を変えると、今までの会社名が馴染んでしまった場合、違和感を感じやすくなってしまいます。例として「○ステー」、元は、「○ステー化学」でした。

新「会社法」が施行された今では「同一の所在場所における、同一の商号登記の禁止」となっています。つまり、同じ市町村で同じ会社名を使ってはいけませんという事ですので、どちらかが違えば問題ないという事になります。ただし、有名大企業との同一の名前にしたり、同一の会社で同じ業種だと、不正競争防止違反とされてしまう可能性もありますので、どうせなら、オリジナルのをつけた方がいいでしょう。

2 事業内容の決定
事業内容を決めます。どうやって事業の利益を上げていくかを明確に記します。将来的に行いたい事業内容も入れておくとよいのではないでしょうか?当然ですが、法律に違反するような事業内容を書いても登録されません。というか、そんな事業は行ってはいけません。また、法律によって、その業務を行う場合に、その資格を持っている個人に限って行うことのできる事業内容も認められません。以上のことに注意して詳細に記してください。

例えば、ホームページと書いただけでは登録されないでしょう。ホームページの制作なのか、管理なのか、修正なのかが「明確」に記されていないためです。他にも、大麻の栽培と販売なども、大麻取締法違反です。他にも、被告人の弁護も弁護士の資格なども必要となります。これらの事業内容は違反とされます。

3 資本金の設定
資本金に関しては、現在では最低資本金の設定が撤廃されていますから、1円でも設立可能です。これがいわゆる「一円会社」です。基本的にパソコンを使う会社などは、パソコンを1台買えばできる場合もあるので、最初だけお金がかかって、後はほとんどかからない場合もあります。つまり、最初からパソコンを持っていたら、ほとんどお金は0円からできるという事になりますね。ある手続きを行えば、資本金が0円でも良くなります。

4 役員の決定
今の会社法では、取締会を設置無いことによって、取締役1名からでも設立することが可能となっています。その場合、全ての責任はあなたが背負います。

Valuable information

2017/8/3 更新

Copyright (C) 2008 会社設立と提出書類 All Rights Reserved.